かながわの水がめトップページへ企業庁・ダムのページへ神奈川県のホームページへ
トップページ > 地震によるダムの点検情報

地震によるダムの点検情報

現在、地震発生による点検情報はありません。


<参考>

点検基準

一次点検 二次点検
点検実施の
主な条件
  • ダム近傍震度観測地点において、気象庁震度階が4以上の地震を観測した場合に実施します。
又は
  • ダムに設置されている地震計で25ガル以上の地震を観測した場合に実施します。
  • 一次点検の結果、被災が確認されたダムで実施します。
又は
  • ダム近傍震度観測地点において、気象庁震度階が5弱以上の地震を観測した場合に実施します。
又は
  • ダムに設置されている地震計で80ガル以上の地震を観測した場合に実施します。
  • 道志ダムは、地震計が設置されていないため、一次点検を実施する場合、二次点検まで実施することとしています。
点検の概要
  • 地震発生後速やかに実施し、主に目視による外部点検を行います。
  • 概ね3時間以内に終了します。
  • 一次点検に引き続いて実施し、主に目視による詳細な外観点検を行います。
    また、ダム堤体、取付け部及びその周辺地山、ダム管理諸設備、貯水池周辺地山、ダムに影響を及ぼす恐れのある施設が被災した場合又はダム近傍観測地点において、気象庁震度階5弱以上の地震を観測した場合は、計測機器を用いた計測(漏水量、たわみ量等)による点検を行います。
  • 目視による外観点検は概ね24時間以内、計測機器を用いた点検は概ね3日以内に終了します。
※点検基準は、国土交通省「地震発生後のダムの臨時点検結果の報告について」及び国土交通省関東地方整備局「地震発生後のダム管理施設等点検実施要領」による。


各ダムの近傍観測地点

各ダムの近傍観測地点 ダムエレキくん

↑ページの一番上へ
サイトポリシー・免責事項・著作権
神奈川県のホームページへ